2012年3月18日日曜日

シャルル・ド・ゴール空港のレンタカーから高速道路パーキングのお店La Croissanterieまで @フランス

  
シャルル・ド・ゴール空港に現地時間の朝5時30分に到着。レンタカーが開くのは6時半からなのでゆっくりと移動。この時間だと空港の飲食店はファストフードやコンビニを含めてまったく開いてない。

  
途中にCars de groupesという案内表示は違うので、そのまま2A端の方までズンズン進む。Location de voituresという看板が出たらエスカレータで下のフロアへ移動。

 
今回のレンタカーはAvisで、カウンターで手続きをして鍵を渡されて後は自分で駐車場から出庫する。なお、カウンターではパスポート、日本の免許、国際免許、クレジットカードが必要。保険や車の現在の傷の状態など説明を受ける。空港でレンタカーを借りたり返すときには空港税のようなものも付与される。さらにホテルとは逆で借りるときがチェックアウト、返すときがチェックイン。

  
小型車が旅のお供となるオペルの車。少しズングリむっくりしているがその分大人4人がゆったりと座れ、ハッチバックの部分にはスーツケースが楽々入る。当然ながら左ハンドル、5速のマニュアル車で途中で乗り捨てするのでGPSは付けられない。ライトの設定がハンドルレバーではなく、膝上辺りにある回転とボタン方式なのが最初分からなかった。
まずは傷のチェック。書いてないものがいくつかあったので駐車場のAvisスタッフを呼んで書き加えた。小さめのものや扉の前後はRearと書いてあってもFrontもそれに含まれているから追記しなくていいということだったが、後でトラブルになると面倒なので傷の写真も撮っておく。

  
出発。シャルル・ド・ゴール空港のロータリーをぐるぐる回ってA3やA104の表示へ分岐していく。

  
高速道路をずっと走り進んでいたが途中で不安になったのでパーキングエリアのLa Croissanterieというパンやコーヒーのお店に入りムッシュに聞いてみる。気のいい方で大きな声でいっぱい説明してくれるがそんなに細かい説明をフランス語でしてもらっても理解できない。省略するとA104号線をまっすぐ進んでいくと、Bordeaux-Lyonというこんなに大きな(と手一杯に広げて身振りを加えながら)看板があるから、それを目指していけばいい という感じ。お店から出るときも「気をつけてな、またな!」と声をかけてくれた。ありがとうムッシュ。お腹いっぱいなのでコーヒーだけいただいた。

0 件のコメント: