2012年2月26日日曜日

JAL 成田空港国際線ラウンジ(サクララウンジ)

  
いつも通りラウンジ2階の食事フロアへ登る。

  
定番の組み合わせでソーセージ、スクランブルエッグ、ジャガイモ、メゾンカイザーのクロワッサン。そしてSoup Stock Tokyoは海老と豆腐の淡雪スープ、北海道産たらこのクリームシチューの2種類だった。いつもながらおいしい。安心できる。

  
そして和食も定番の組み合わせ。ご飯、味噌汁、明太子、浅漬けなど。こちらもおいしい。満足。

  
 
食事を済ませたらラウンジ1階のゆったりスペースへ移動。ワインは3種類。
Castillo Perelada Brut Rosado Cava(カステロ・ペレラーダ ブリュット ロサード)
濃い色合いで赤の泡。あわ立ちは周囲から小さめの泡が断続的に発つ。甘い果実を持ったピノ・ノワールの香り。辛口で泡が少し後から細かくシュワっと一瞬くる。爽やかな口当たり。余韻は短い。市場で1700円ぐらいなので相応な味わい。

Ceretto Langhe Denominazione di orgine controllata Arneis Blange 2010
グググっと低い底の方から力強く黒っぽさを感じさせる濃い果実の香り。アルネイスという品種100%のようだがリースリングっぽい。口当たりが柔らかで果実の皮の苦味が舌にきた後、しばらくしてから高いトーンの酸味と果実味が口中央から奥へとふぁーと霧雨状に進む。その間も舌に苦味が持続するので安定感を感じる。もう少し冷えている方がおいしいと思うがワインの状態は良さそう。

・Tamaya Limari Valley Estate Bottled Carmenere Reserva 2010(ビーニャ・カサ・タマヤ タマヤ カルメネール レゼルバ) @チリ
濃い香り。ショコラと西洋杉が混じり、スーッとする感じと甘い香りが混在する。それらは中高域のトーンにふぁーっといるがその奥の低いところに黒果実がじっと小さくなって閉じこもっている。味わいも同じ雰囲気で果実味が舌と口いっぱいにシャープな酸味と伴って膨らみ、その果実味はしっかりしているが舌には重くない。市場で1700円ぐらいなのでチリの優良生産者と同格の質感。

いつもながらゆったりできるラウンジ。食事も満足です。ご馳走様でした。

JAL 成田空港国際線ラウンジ (サクララウンジ)
成田空港第2旅客ターミナル 出国検査後エリア 無休

0 件のコメント: