2012年11月27日火曜日

Salon de Thé Christian Chocolat chaud creation maison、Petit déjeuner complet

店名 Salon de Thé Christian(サロン・ド・テ クリスチャン) @ストラスブール・アルザス・フランス
商品 Chocolat chaud creation maison(3.5€)、Petit déjeuner complet(11€)

  
クローネンブルグさんへの訪問がダメだったので、昨日気になったストラスブール大聖堂前のイタリアンジェラートAmorinoさんに向かったが開店前。向かい側のこちらのお店を覗く。

  
サロン・ド・テとなっているが中に入ってみるとショコラ屋さん。「中で飲めますか?」に対してマダムが「飲めるわよ」と言うだけ。せっせとパッケージを作っていてこちらも見てくれない。

  
店内の右手にある裏道のようなところを行き2階へ向かう。フランス語を話せない英語圏のマダムが「そっちがレストランなの?」と聞かれるぐらいちょっと心配な裏道。「多分、こっちで大丈夫です」

  
店内は適当に席についてくつろげる。

  
こちらはショコラ・ショー。色々なフレーバーが選べる。全部で12種類のうちマダガスカルを選択。
・Madagascar-Acidite citronnee et baie timut du nepal (Pamplemousse)
(シトロエンとネパールのBAIE TIMUT(グレープフルーツ)の酸味)
ポットで提供される。ホッとする味わい。飲んでいると柑橘系の香りがほのかに感じられる。ショコラ・ショーは薄い場合もあるがこちらは結構濃い目で味がしっかりしている。自然なミルクの甘味でお腹にもたまり体も温まる。甘味は調整できるようにグラニュー糖が添えられる。

 
  
 
・Petit déjeuner complet(完璧な朝食)
その名の通り、色々なものが満載の朝食セット。フレッシュジュースは伊予柑や清見のような高いトーンのあるフレッシュさと柑橘の酸味が心地よくて美味しい。飲み物は紅茶を選択。鉄瓶でお湯、紅茶の茶葉はティーパックで提供される。こちらは普通の紅茶の味わい。最近の流行なのか他店でも南部鉄瓶で提供されていたり、ショップでもよく目にする。
トーストされた食パンはブリオッシュのようなサクッとした独特な食感がある。クランベリーのコンフィチュールの酸味が爽やかで食が進む。クグロフは表面がブリオッシュでアーモンドが効きレーズンが入った生地の部分はしっとりした滑らかで密度も高いやや筋肉質でのびる。

評価
注文されてから搾るというフレッシュジュースが一番おいしかった。店内には日本人の客もいて、適当に入ったお店だが有名店のようです。朝食セットはお徳でボリュームがあるのでシェアして食べるなど調整した方がよい。

Salon de Thé Christian(サロン・ド・テ クリスチャン)
10, rue Mercière,67000 Strasbourg 03 88 22 12 70 07:30-18:00(レストラン11:30-14:00)

0 件のコメント: