2012年7月27日金曜日

手打ちそば おおつか 鴨せいろ @センター北

  
ワイン仲間のYDさんがおススメの昼間の限られた時間にしか開いてないお店に向かう。センター南とセンター北の中間で少しセンター北駅に近いのでそちらから歩く。蔦谷書店、TSUTAYAが目に付く「港北みなも(minamo)」の交差点を右折。

  
道路に手打ち蕎麦ののぼりが出ている。

  
11時30分開店に対して11時33分に到着したのでタイミングばっちり。それでも先客1名の方はすでにほぼ食べ終わっていた。このお店についてYDさんからおススメの商品を聞いてなかった。メニューを見たフィーリングとおすすめを伺い、迷ったら先頭のものを選ぶので鴨せいろ(1700)を注文。炎天下で「ひどく暑いのでお客さんが来ないかと思った」「本当に暑いですね」などと女将さんと話ながら温かい蕎麦茶を飲みながら出来上がりを待つ。温かい蕎麦茶は暑い日でもおいしい。

  
  
  

テイスティングノート
あっと眼を引く鴨の美しい色合い。きれいなピンクに少し赤と紫が入った肉は見た目にも肌理が細かく肉汁がじんわりと表面に出てきている。それに山に持った白葱、揚げた茄子やインゲン。このお皿は一品として出来上がっている。まずは蕎麦を汁をつけずに食べると少しだけもっちりした歯応えで蕎麦の風味はあまりしない。汁はとても濃厚で器に注ぐだけでサバ節、少しの煮干にたまり醤油、みりんなどの甘い香りが1つのボリュームの塊となって香る。蕎麦をつけて食べても同様でかなり濃い汁なので汁の味わいで完結する。そして鴨肉は味付けがしっかりついているという説明の通り、塩味が基底になってしっかりした味付け。噛むと柔らかいが適度な弾力と歯応えがしっかりしており、舌の上にのる鴨肉のきめ細かい表面は滑らかで舌触りが心地よい。噛むごとに塩味と共に肉汁と旨味がじんわりと出てくるので、いつまでも口の中で噛み締めていたい味わい。白葱は辛味があり、これが鴨肉と合っている。生姜も同じく変化をつけられる。蕎麦湯は一般的な白濁したものではなく上澄みだけのほぼ透明。蕎麦の風味がほんのりとしてだけありお湯に近い。これを蕎麦汁に入れて薄めると煮干の香りや風味が爆発する。かなり薄めても飲める。

評価
この鴨肉はおいしい。価格は通常の蕎麦屋としては高いが本格的できちんとした日本料理店で出せるレベルなので価格以上。この鴨肉は味がしっかりしているので炭水化物が欲しくなり、鴨肉を頬張りながら汁をつけない蕎麦を食べると丁度よかった。お店は昼間しか開いてないがこの鴨肉は日本酒と合わせると抜群に合いそう。

手打ちそば おおつか 鴨せいろ(1700)
横浜市都筑区中川7-2-3 045-913-3578 11:30-15:00 火休

0 件のコメント: