2013年5月9日木曜日

丸福珈琲店 ホットケーキ、ホットコーヒー

店名 丸福珈琲店 たまプラーザ店 ※2013年2月14日開店
商品 ホットケーキ(580)、ホットコーヒー(520)

  
東急百貨店の地下一階には食品やお土産品を扱っているお店が並んでいて、その一角に丸福珈琲店さんはある。そのため、少しザワザワした音が聞こえるがそれほど騒がしくはない。店内には音楽は流れず、食品エリアの音楽が微かに聞こえる程度。

  
大阪の千日前で昭和9年から独自の焙煎技術と抽出方法にこだわっているというコーヒーが先に到着。独自のネタの仕込みがされ、オーダーが入ってから専用の銅板で焼き上げられるというホットケーキも到着。

  
  

テイスティングノート
コーヒーは香りは優しく中心にほわんとした茶黒い核があり周囲は何か品種はわからないが花がある。優しく甘みがあり、すぐに苦味が支配する。しかし、攻撃的な苦味成分はなく、やさしく苦味が舌に舞い降りてくる。それが降り積もるかのようにどんどん苦味が増すが、舌にはやさしい。
ホットケーキは形状がきれいに整えられたものが2枚重なり、バターは皿に、蜜はホットケーキに倒れるように皿にのっている。表面はしっかりと焼きが入りパリッとしている。全体がクッキーやスコーンのような食感で水分が欲しくなるタイプ。そのため、コーヒーと一緒やバター、蜜をかけた方が滑らかになる。

評価
創業当時の製法を守り抜いているという言葉通り、まさに昭和初期を感じるコーヒーやホットケーキの味わい。コーヒーは酸味がほとんどなくやわらかい苦味が主体なので、当時あまり流通してなかったコーヒーを受け入れられやすかったと想像できる。また、ホットケーキはあくまでもパンケーキではなくてホットケーキという名前が当てはまる味わい。

丸福珈琲店 たまプラーザ店
横浜市青葉区美しが丘1-7 東急百貨店たまプラーザ店B1F 045-903-2029 10:00-20:00

0 件のコメント: