2012年12月1日土曜日

Hôtel Restaurant Les Avisés ディナー

店名 Hôtel Restaurant Les Avisés @Avize en Champagne
商品 ディナー(55€/人)、Jacques Selosse Initial NV(103€/本)

  
Domaine Jacques Selosse(ジャック・セロス)のアンセルム・セロスさんと奥様のコリーヌ・セロスさんが経営されているオーベルジュに向けてエペルネからタクシーで移動。白を基調とした外観。なお、ホテルの予約はホームページから出来るが注意点は予約フォームで朝食と夕食にチェックを入れてもディナー予約は確定されない旨がメールで問い合わせが届いた。通信欄にディナー予約などのリクエストを書いた方が良さそう。

  
部屋まで受付のマダムに案内してもらい鍵を受け取る。「この鍵いいでしょ?ジャック・セロスのボトルそのものよ。エチケットも同じだし。でも中身は違うので飲まないでね(笑)」。部屋以外も内装はデザイナーズホテルのような雰囲気。

  
ディナーは20時から。厨房の出入り口の扉に本日のメニューが書かれている。メニューは前菜、メインの魚と肉、デザートの4品で固定。

  
テーブルに着席すると、すぐにアンセルム・セロスさんの愛犬ウーバーちゃん(性別聞き忘れ)がやってきた。姿勢をあれこれ変えながらずっとこちらを見ている。

  
ワインリストにはジャック・セロスだけでなく、色々なシャンパーニュやドメーヌのワインがオンリストされている。マダムに「ジャック・セロスの・・」と注文しようとしたら「ジャック・セロスのシャンパーニュは出せないの」、「えぇぇぇ(泣)」、「冗談よ」。びっくりした・・。しかし、在庫も限られているのでレストランで出せる本数も限られているようだった。今晩はジャック・セロスのInitialを選択。アンセルム・セロスさんの推奨通りシャルドネグラスが提供される。

明るくふぁっと味わいが膨らむ。やや酸化気味の味わいは熟したリンゴにトロピカルフルーツが加わり、ちょうど小ぶりのリンゴぐらいの空間。そのエッジは境目がない。軽快なリズムで明るく華やか。愉快な気持ちになる。

  
前菜は鴨のフォアグラのテリーヌ。しっとりして旨味がたっぷりのフォアグラで、添えられている生パッションフルーツのピュレが斬新。この組み合わせは初めて食べたがフォアグラとの相性が抜群。かなりおいしい。ミューズリへのジンジャーパンラスクもサクサク。

  
ウーバーちゃんは相変わらず妻との間を時々行き来して座って「ちゃんと味わって食べてるか?」と確認しているかのようにずっと見ている。なぜか他のテーブルにはほとんど行かない。カメラを向けるとプィっと横を見てしまうので正面の写真は撮れず。

  
舌平目のムニエル。柚子風味のバター添え。ふっくらした舌平目がやさしく軽めのバターが受け止める。柚子の風味はかすかに入っている程度。

  
 
表面を強火で焼いた鹿肉のヘーゼルナッツ。鹿肉がおいしい。ソースには肉汁が使われていて酸味を加えてあるような味わい。滑らかなセロリが高いトーンで鮮烈なマッシュポテトにのっているこんがりと焼かれたキノコは味わいが濃く、マルメロの漬物は酸味がある。この組み合わせで調和している。

  
  
デザートはリンゴ周囲のバリエーション。パリパリのヘーゼルナッツと英国クリーム。

すべてのお皿が運ばれてきた瞬間から料理のきれいさ、香りの良さで心が浮いてくる。味付けは塩味がやや強めだが上品でメインの素材は活きつつ、ソースや添え物とは素材が分からないぐらい繊細に融合されていて、どれもおいしい。
中央のテーブルにアンセルム・セロスさんが一般客の1席に着席して食事を始められたが声をかけにくいのと疲れていたので部屋へ戻る。外はみぞれ混じりの雨だった。

Hôtel Restaurant Les Avisés
59 Rue de Cramant, 51190 Avize, France +33 3 26 57 70 06

0 件のコメント: