2013年8月9日金曜日

キルヌタントゥ アラカルトディナー

店名 Qu'il nous tente(キルヌタントゥ) @東京・中目黒
商品 アラカルト、ワイン2本(17000円/2人)

  
先日ランチで訪問し、グランメニューは夜だけの提供ということなので早速ディナーで訪問。

  
先日訪問したときにもらったチケットを使ってサービスのシードルをいただく。器がお洒落。
そして、飲み物はクレマンを注文。
・La Cheteau Crémant de Loire Brut NV(ラショット クレマン・ド・ロワール ブリュット)
グリーン系の風味があり、すっきりした味わい。

  
本日の鮮魚カルパッチョから、真ダイのカルパッチョ・ラビゴットソース


  
うさぎのコンフィ・マスタードソースは表面が香ばしく揚がっている。鶏肉を凝縮してしっかりと弾性のある身に乾燥したような感じのうさぎらしい歯応えや味わい。うさぎは日本だと扱っているお店が少なく、こんなにカジュアルに食べられるのはいいかもしれない。

  
ハラミステーキはとてもいい色合い。フランスで食べる肉のように肉々しく、肉を食べているなぁと認識させてくれるお肉。ソースとチャツネが甘味とワインのコクをプラスする。

  
・Bourricot Pinot Noir(ブリコ ピノ・ノワール)
ハラミステーキに合うものをマダムに選んでもらったワイン。色はかなり濃く、香りも濃い。香りや味わいに土っぽさがあり、タンニンも豊富で温かみもあり、ラングドックの別の品種のような雰囲気。ブルゴーニュでいうとVolnayだがそれよりもかなり濃く、アタックも強いが余韻にはシャープさもあるので第3国などではなくやはりフランスの味わい。ブルゴーニュのネゴシアンでロワールのぶどうを使っているそうだが、南仏だと思った。

  
 
締めでガレット。生ハム・ブルーチーズはトッピングそのもので、生ハムは塩味が効いていて、ブルーチーズはピリッとした刺激は少ないが味わいと香りはしっかりある。ソーシスは、断面が香ばしく焼かれたソーセージがトッピングされたもの。

  
アイス・シャーベットとエスプレッソ。

評価
ガレットとワインなどで軽く食事することも出来るので、シーンに合わせて利用できそう。ワインが1本4500円と4300円なので、むちゃくちゃ飲み食いしなければ1万円/2人ぐらいで済むのではないだろうか。ガレットが好きであればセットになっているランチがお徳。

Qu'il nous tente(キルヌタントゥ)
東京都目黒区上目黒2-18-12林ビル1F 03-6303-3796 11:030-15:00,18:00-23:00 月・第3火休

0 件のコメント: