2011年2月5日土曜日

TRATTORIA franco アラカルト・ランチ&ワイン

店名 TRATTORIA franco(トラットリアフランコ) @横浜・
商品 アラカルト・ランチ&ワイン



平日ランチはパスタにサラダ、ドリンク付きで900円、さらにドルチェ付き1200円、それに前菜盛り合わせと
自家製パンが付く1500円があり、土日祝ランチは前菜盛り合わせ、パスタ、ドルチェ、カフェで2000円。
主菜のレモン豚のグリルステーキを食べたかったのでアラカルトにする。まずはグラスワイン。


Casa Vinicola Aldo Rainoldi tzapel Terrazze Retiche di Sondrio 2009
 シャキッと澄んだ香りと味わい。カボスや金柑など和の柑橘系果実の香りがある。すっきりして軽く飲め、
 何の料理にでも合うタイプ。
 ネッビオーロの地方名 Chiavennasca(キアヴェナスカ)とSauvignon Blancから作られている。
 発酵後は1ヶ月間ステンレスタンクで熟成させて、それからボトルに詰められたもの。

La Vigilia Terredomini Soave DOC(テッレドミニ ソアヴェ)
 やや丸いモアッとした風味が膨らんだ後に、酸とミネラルが舌の中央から奥に向かってゆっくりとズズズと
 進んでいく。イタリアンレストランなどで飲むと最初のモアッと感だけで終わるものが多く、これは状態が
 いい。後半にバニラアイスのような甘味を持つ風味が出てくる。


・前菜から白子のパン粉がけオーブン焼き(950)
 パン粉が香ばしい。やや火が入り、白子のトロトロ感は残りながら肉質は弾力も少し持つ。筋が少し舌に残る


本日のグラスワインはすでに飲んだ白2種類と赤1種類ということなので、ボトルで1本追加。
メニューには価格帯とフルーティ、辛口、果実味、樽熟成などの単語があるだけで、好みを伝えて候補を説明
してもらうスタイル。泡3本と白3本の候補の説明を聞きながら話をしていき、最後に追加で持ってきていただ
いた今日の料理に合うお薦めの1本を選択。

Casale Marchese Frascati Superiore 2009(カザーレ・マルケーゼ フラスカティ・スペリオーレ)
 少し柔らかさもある香り。味わいも柔らかく、酸味とミネラルもあり、すっきりしている。飲みやすい。


・Pane パーネセザーモ(150)
 パンは手作り感があるもので、表面全体に付いている胡麻が香ばしい。


・パスタから菜の花のラグーソース<オレキエッティ>(1300)
 耳たぶ形状のパスタでもアルデンテ。丁度よい硬さと歯応えで、アンチョビの塩味と苦味、旨みが効き、
 菜の花の苦味がアクセントになっている。


・主菜からレモン豚のグリルステーキ(1800)
 レモンを餌に少し配合されて育てられたというレモン豚。表面に少し焦げが付くぐらい焼かれていて、中心
 は少し赤みを帯びている。肉の噛み応えがあり、焼き加減から肉を食べてると再認識させられる。端の脂身
 は甘味がある。レモンを絞ると、かなりさっぱりした味わいになる。


レモン豚といっしょに食べるものがなかったのでシンプルなピザを注文
・クアトロフォルマッジョ(1400)
 チーズの旨みと中央の胡椒がスパイシー。バランスがよく、おいしい。


Azienda Agricola Vitivinicola Lomazzi & Sarli Giràle Negroamaro Salento Rosso 2008
(ロマッツィ アンド サルリ )
 赤のグラスを追加。ネグロアマーロ100%というこのワインは、ニューワールドのカベルネ系にあるような
 香りや風味がある。香りが発ち、中域のボディに膨らみを持つが、全体としてはさっぱりした印象。



・カンノーリ(500)
 本場イタリアの大きなタイプを日本のデザート向けに小さく作られているというドルチェ。少し油の香りが
 あるものの、生クリーム含めて軽く、食感はサクサクで、サイズも小さくて食べやすい。

・ブディーニ(プリン)(500)
 こちらは大きめ。カラメルの味わいが濃く、生地は滑らか。食べやすく、バランスもよいが、カラメルが
 全体の印象を占めるため、生地そのものの味わいをもう少し楽しみたいところ。


・エスプレッソ・ダブル(400)

評価
料理はおいしく、ワインは現地で軽く飲んでいるような感じ。料理やワインを選んだりするときや、料理を提
供していただくときの会話が楽しく、とても気を配られていて、楽しい時間を過ごせる。
イタリア料理のレストランでは、料理がおいしくてもワインの質や状態はダメなことが多いが、先日訪問した
La fonte に続き、こちらのお店もワインの状態がよく、価格も良心的。とてもカジュアルでグループ利用も良さそう。

TRATTORIA franco(トラットリアフランコ)
横浜市西区北幸2-4-10 大明ビル1F 045-324-5171 11:30-15:00,18:00-22:30(土日祝11:30-22:30) 火休

0 件のコメント: